« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月22日 (火)

クリスマス感謝祭 at Masa宅

今年最後のランチ会、
今日もたくさんのママと子供たちが集まってくれました。

新しい参加者も、ずっと長くきてくれている方にも
とにかく、今こうやって続けられているということに

感謝の気持ちを込めて、
スタッフ一同作らせていただきました!

まずはやっぱりキッチン&ランチなので、
Noriちゃんのミニキッチンからスタート。

レンコンしゅうまいをみんなで作りました。

004_2 003

親子キッチンに参加している子供もいるので
一緒に腕前を披露。

なかなかです。

餃子やしゅうまいなどは、こういうパーティー形式には
欠かせません。

みんなで包む作業って、人と人がつながれるんですよね。

包む・・・・包容力につながるので、
気持ちがほわんとやさしくなれるんです。

いろんな包み方があるので、
その人の性格もわかったりして。

ぜひおうちでも、仲良くなりたい人とは
作る作業からのパーティーしてみてくださいね。

さて、今日のメニューは気取らないものばかり。

いつも言っていますが、
パーティーを開くときは、いつも作っているものを
出来るだけ中心に出すこと!!

鉄則です。

こういうものを頑張って作ったのよ!
と半ば押しつけがましく料理の披露をするのは
招かれているほうも、ホッとしないもの。

料理はわき役でいいんです。

みんなの笑顔と、楽しい時間を演出する
アイテムであるべきなのです。

スタッフたちの顔も、チカラが抜けていて、
料理の味もリラックス。

素敵です。

さて、今日のお料理たちは。。。。

005_2  006
左)チカちゃん作 根菜のラタトイユ

  手慣れた料理とあって、かなり完成されたまろやかさでおいしかったshine
  我が家の子供たちもこの味は大好きです。

右手前)白菜のサラダ

   白菜の真ん中あたりだけを使って、リンゴとくるみと。
   私の大好きなサラダです。
   味付けは 塩・黒酢・オリーブオイル。
   白菜は塩モミしておくのがポイントです。

右奥)ブラウンライスサラダ

   大根、ニンジン、玉ねぎを塩もみしておいて、
   食べる15分前位にご飯と和えて味付けします。
   塩・オリーブオイル・ゆずで。
   皆さんに出す直前に、炒ったアーモンドをさっくりと合わせます。

007  008

左前)いんげんのえのきソース和え

  ニンニクと少量のオリーブオイルでとろっとソテーしたえのきを 
  ゆでたいんげんと和えたもの。

左奥)厚揚げのマリネ焼き(ピンチョス)

  みかんジュース、しょうが、しょうゆのマリネ液に一晩漬けた
  厚揚げにプチトマトを乗せて、オーブンで焼いたもの。

右)正寺さん作、ふろふき大根のレンコン味噌がけ

    本格派レンコン味噌は、食養菜仕上げで今日の料理の引き締め役。
  今の甘い大根ととてもよく合います

009   010
左)車麩のマスタードフライ

  オーガニックマスタードを豆乳でのばし、塩で味付けした衣を
  つけて、パン粉をまぶして揚げたもの。

  子供は食べないかな?と思いきや、大好評の1品。
  これはどこで出しても、かなりの評判です。

右)ベジツリー

   大豆ボール・ニンジン蒸し煮・ブロッコリーを大根に刺して作ったもの。

   大豆・玉ねぎのソテー・玄米で作った大豆ボールは今日も大人気。
   ニンジンとブロッコリーはナチュラルガーデンさんで購入したもの。
   ニンジンの甘さが驚きでした!
  

011   019
左)チカちゃん作 プチ丸パン
  もちろん天然酵母パン。こちらもだいぶ熟練してきていい味でした。

  豆腐クリームとレンコン味噌を添えて。

右)かぼちゃのグラタン

  今日はレシピよりさらにバージョンUP。
  とろとろに仕上げた玉ねぎに、蒸したかぼちゃの残り汁を加え
  さらに煮込んだものに、葛・豆乳でソースを作りました。
  蒸したかぼちゃに、ちょぴりスパイスを香りづけ程度にかけて
  焦げ目がつくまで焼き上げました。
  甘くてとろりん、初めての方も砂糖を使ってないの?という味に
  仕上がりました。

020  021
左)Noriちゃん作 豆カレー
  ヒヨコ豆のカレー、大好きなのに大人気で私の口には入らず!!
  おいしかったんでしょうねえ~~。weep

右)豆のパエリア
  たまねぎ・にんにく・たくさんのマメ・パプリカを発芽玄米と一緒に
  炊きあげました。 


022   023
左)みんなで作ったレンコンしゅうまい
   練りゴマがコクを出していて、食べ応えのあるしゅうまいです。
   いろんな形がすっごくたのしい!

右)大根とキャベツの味噌汁煮
   煮込んで一晩おいた大根は甘くておいしい!
   汁を多めに、少々薄味に仕上げてほっとする味に。
   ちょっぴりのニンニクと、麹ジャムで仕上げています。

034


さて、こちらは何と作ったのに出し忘れた1品。。。。crying
カリフラワーのカレーマリネ。
すっごく美味しくできていただけに、発見した時はがっくし。。。。

次回のランチ会に出しますのでお楽しみに!!

今回は、前菜~温かいご飯もの。。。。
というように時間差で出して、温かいものを温かいうちに
食べられるように配分しました。

とにかくたくさんの人に、ベジグレ(穀物菜食)のおいしさを
わかってもらいたい!

そんな気持ちでいたら、こんなにたくさんに。

とはいえ、自分一人ではとても作りきれません。
任せられるM'sのスタッフたちが育ってきたからこそできた
今日のメニューだと思ってます。

今日はスタッフも一緒にテーブルについて、楽しいランチの
始まりです。

015 012

多くは語らずとも、ほんわか楽しムードが伝わるかなheart04

013 025

昼下がりの太陽が部屋にまぶしいくらいに入ってきます。


027 024

子供たちがお野菜をたくさん食べてくれる姿がとってもうれしい。

016

今日はスタッフの子供たち3人、準備のときから仲良く遊んでくれました。
食事中は正寺さんが面倒みてくれました。
いつもありがとう!

子供たちも正寺さんが大好きです。

028

さてお待ちかねのスイーツは、もちろんsatoetちゃん作。

イチゴタルト
 タルト生地の上に、軽めに仕上げたココナツクリーム、
 イチゴとジャムを乗せて。

スイートポテトロール
 サツマイモを丸てきな粉をまぶしたもの。
 やさしい甘みが子供に大人気でした。

029_2


子供たちが群がってきて、スタッフとりわけに大忙しです。

みなさんには、ゆっくり楽しんでもらえたようで
おなかいっぱいの笑顔です
032

033


さて、新しい参加者の方の反応は気になるところですが、
食べてみて、満足度がこんなにあるとは思いませんでした、
との感想をいただき、とてもうれしかったです。

ブッフェはたくさんのメニューを体験するには
とてもいい機会。

私たちとしては、一人でも多くの方に、
手軽にできるおいしい穀物菜食を体験して
身近に感じてほしいのです。

マクロビオティックな生活をしないにしても、
お肉やお魚、乳製品卵を使わなくても満足できる、
そんなことを感じてほしい。

本格派マクロビオティックからはちょっと邪道な路線ですが
カラダと食を見直すにはよいアプローチだと思ってます。

来年は、子連れのママばかりでなく

・子育てが一段落して、今後の自分のカラダ作りに
・これから結婚、出産をしようとする人

そんな人たちも対象にランチやキッチンを行っていく
予定もありますので、

一歩が踏み込めない人も、ぜひ参加して体感してみてくださいね。

おひとり様での参加者も多く、すぐに仲間ができるのが特徴です。

今まで参加されていた方も、ぜひ、
お友達を連れて、お越しください。

みんなで健康でハッピーな生活を目指しましょう!

今年一年ありがとうございました。

また来年もよろしくお願いいたします。

Masa


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

12月の親子キッチン

16日は午後開催の親子キッチン。
幼稚園から帰ってきた子供たちも
参加してくれてにぎやかなクラスでした!

メニューは

れんこんしゅうまい
おいなりさん
アップルパイ

材料を切って、型ぬきして

032 033 034

なぜか、まぜまぜは子供キライなんですね。。。
キッチンを通して知った事実。
036

混ぜ混ぜできたものを、丸めたりするのは
好きなのに。

不思議。

包むのは大好き!
039 042

こういうときは子供に任せるのが一番。

きれいな仕上がりでなくていいんです。
勝手にできあがる、それなりになっちゃうところが
こどものすごいところ。

046

ひーちゃんおにぎりみたいに握ってたけど、
できちゃったもんね~。

お稲荷さんも、しぼって包む。

047 050


個性が出ます。

勢い余ってやぶけちゃったり、
そんな形!?

066

なんてめちゃくちゃだけど、

勝手に「スタイル」を決め込んでいる大人にとっては
ものすごい刺激になります。

やっぱり、料理も芸術も
ココロが純粋で子供な部分をのこしておかないと

型にはまって面白くないですな~。

最後のアップルパイの包みも、
もう、すごい!

052_2

きれいに包もうとする私たちVs勝手な子供たちみたいな

仕上げの間、仲良くなった子供たちは、
喧嘩しつつも遊んでました。

054

12月ということもあって、Nori先生
おやつ用にデザートプレートを作ってくれました。
057

かぼちゃのプリン(超おいしい!!)
かわいく型抜きしたフルーツたちに子供たちも
大満足。

いただきま~~~す。

058 059

060  061

食べるときは、おとなしいcoldsweats01

かわいいなあ~。

最後に先生と握手、
そしてお土産もらってニコニコの子供たち。

063 064

今日はきな粉味のお麩スナックです。

途中経過はどうあれ、
楽しそうな子供たちの顔を見るのは
楽しいもんです。

ウチの子に出来るかしら~?
なんて心配するより、

一緒に楽しみませんか?

興味のあるお子さんなら
何歳からでも参加できます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

12月のおやつ教室 ~クリスマス~

12月のおやつ教室は、クリスマスバージョン!
今まで、さくっと食べられるおやつを作り続けてきただけに、
デコレーションばっちりのクリスマスケーキに挑戦...困った!

苦手意識全開で試作を作り続け...
でも、前日の流星群をぼぉ~っと見てたら、なんとかなるかな...
なんて思いながら、熟睡できた楽天的な前夜でした。

今日のメニューは、

・ブッシュドノエル
スポンジにココナッツクリームをはさみ、巻き上げ、
キャロブパウダーでチョコ風味にしたココナッツクリームで、仕上げ。

なんとか、ブッシュドノエル風に見せれたかなぁ。

・苺のタルト
今回は、贅沢に苺三昧!
フィリングは豆乳クリーム、苺ジャム、苺ソースの3層にしてみました。
Ca3a0709_r1  Ca3a0708_r1

マクロビのデコレーションケーキで、気になるのがクリーム。

豆腐クリームやポンセンクリーム、やはり、豆腐臭いのが気になります。
なので、今回は、ココナッツミルクを使ったクリームと豆乳で作り上げる2種類に。

ご参加頂いた方にも満足頂けたココナッツクリーム。
チョコバージョンはお子達の参加も多かったので、キャロブパウダーを少なめに。
ほんのりチョコ風味が、ココナッツだけのクリームとスポンジと良い調和が取れた
仕上がりになったかな。

今日はお手伝いなしの進行だったので、
参加者の方にもたくさん手伝ってもらっちゃいました。

途中、クリームの固まり具合が、おおお!?と困った状況になっても、
みんなで作り上げてる感じで、みなさんがいろんな提案をしてくれて、
なんとか乗り切っちゃったり。

あれ?みんなも見てるだけじゃなくて、一緒に作るの楽しいかも...
なんて思ってるんじゃないかなぁ、なんて心の中で思いながら、
ひとり思いっきり楽しみながら作ってました!

みなさんも同じ気持ちだったらうれしいなぁ。

苺の盛り付けもみんなで!それぞれの苺の置き方があるんだけど、
出来上がりはすてきだった。

Ca3a0706_r1

クリーム作りと飾り付けに手間取ってしまい、かなり時間オーバーで試食開始。
Ca3a0710_r1 Ca3a0712_r1

お子達は、かなりお腹が空いた状態だったにもかかわらず、
静かに待っていてくれました。どうもありがとう!
Ca3a0713_r1

今日ご参加頂いた皆様、楽しいクリスマスケーキ作りができるといいなぁ。
ご参加頂き、ありがとうございました!


来月は、年末年始の疲れたカラダにほっとするスイーツ、
和菓子などをご紹介できたらと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

プチクリスマス at nanea

naneaでの基礎クラス3回目、
今日は洋食。

普通だとそんなに大変でないこのメニューも、
何もないところでやるのは

ちと大変でした。

何が大変って、持ち込む荷物が。。。。。

でも、3回目ともなると、参加者がだいぶ手慣れてきて、
何とか子供たちのお迎えまでには
調理完了!

途中、時計を見ながら、

「頑張れトースター!」
とトースターを励ましながら(?)
キッチンスタジアムな雰囲気。

(と~~~~ってものんびりだけど)

水道も何もない部屋で作ったにしては
上出来です~~~。

な、今回のメニューはこちら
気分だけでもクリスマス、にしようと
テーブルクロスを持ち込んで、
飾り付けもちょっぴりしてみました。

097_2

ブラウンシチュー
  ごぼう、にんじん、たまねぎ、じゃがいも。
  じっくり煮込んでトマトピューレと赤みそで仕上げました。
  今日はお昼だし、他のものも味が濃いので
  軽めに仕上げました。

ポテトピザ
  もちろん生地から作成。
  ソテーしたたまねぎと薄切りのポテトをローズマリー風味で。

098

カブのホワイトソースドリア

マッシュルームと玉ねぎをじっくりソテーして
玄米と合わせ、
カブの蒸し煮をソースにして焼いたもの。

真っ白でキレイなので、飾りも映えます。
蕪の葉っぱとにんじんでちょっぴりクリスマス気分。

099

バーニャカウダ

今日も大人気!!
白菜の甘みを感じられるので私も大好き。

今日はとろみつけの粉を忘れて大失態!!
近くのコンビニに片栗粉を買いにいってもらう羽目に。

すり下ろしがあればジャガイモで代用できたんだけど、
なにせ、荷物がいっぱいなので、
余計な粉やすり下ろし積んで来なくって。。。。

やっぱりなにが起こるか分からないから、
一式積んで来ないとだめですねえ~~~。

反省です。

さて、子供たちをお迎えして試食です!!

100

今日は子供たちもシチューをたくさん食べてくれました。

101 102

このクラスはとても楽しくて、
私も超リラックスムードで迎えられるクラス。

初めてのことだらけでハプニング続出の
キッチンにみなさんよくついてきてくれました。

ほんとうにありがとう。

私もかなり成長させていただき、
今後の活動にとても役立つクラスでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

助産院クリスマス感謝祭

としの助産院、今年最後のコミュニティクラス。
出産ラッシュだけあって、

今年は、0歳児連れマタニティのママたちが
た~~~くさん!!
001  002

006 今日は何と17人にご参加いただきました!

まずはランチまでの1時間、
みんなで自己紹介&質問やおしゃべり。


としの先生に加え、
助産師さんや、4人を子育てしている先輩ママなど
頼もしい人材も参加していたので

若葉マークママにとってはうれしい空間!

それに0歳児のママって

睡眠も・食事も・おしゃべりも
ゆっくりできなかったり、

マタニティのママは、

出産に向けて
砂糖絶ちしていたり、
制限があったりして

この時期ツラかったりしますよね。

そんなママたちに
すこしでも

「おいしい!たのしい!」

を伝えたくて、
スタッフ3人で、たくさんたくさん作りました。

クリスマスの雰囲気の見た目よりも
シンプルで、たくさん楽しめるよう、

そして、これなら家で作れるかも!
そんなものを目指して作りました。

今日は、好きなものをチョイスしながら・・・・
とかいいつつ、みなさん全種類制覇していただきました。

015 017

キッチンは忙しくて、
上手に写真を撮るヒマもなかったのですが。。。。
011_2 012

春菊ときのこのサラダ
  ショウガとすりごま、リンゴジュースで作ったドレッシングで。
  今の時期は春菊生もおいしいですよ。

サモサ
  蒸し煮したかぼちゃをちょっぴりカレー風味に仕上げた
  玉ねぎと合わせて、春巻きの皮で巻いて。
  今日のかぼちゃは本当に甘くて、
  「はちみつとか入ってるんですか?」と聞かれましたbleah

お麩の磯カツ
  参加の小さな子どものために、海苔塩風味のお麩。
  お麩をこういう風にして食べたのが初めての方が
  数名いらっしゃって、

  「これお麩なんですか~~~!!??」

  と興味を持ってくださっていました。
  もちろん、子供にも大人気!!

ジャガイモのとキャベツのほっこり煮
  こちらはsatoeちゃん作。
  ぽってりと仕上げ、やさしい味噌味に。
  こちらもキャベツの甘さがふんわりいい感じでした。
008  010
あらめとサツマイモのキッシュ
satoeちゃん作
 こちらは私の口に入らず~~~!
 卵を使わなくても、こんな風にキッシュなんてできてしまうんですね、
 どうやって固まってるんですか?など質問たくさんの1品でした。

豆腐ハンバーグえのきソース

 定番の豆腐ハンバーグに、えのきのトマトソースを。
 えのきは甘さをプラスするために、コーンの汁をちょっと使いました。

バーニャカウダ

  豆乳のバーニャカウダ。
  今日も大人気!!

  とにかく生クリームに負けない味です。
  野菜も、Noriちゃんちの朝採り野菜。
  白菜の生っておいしいんですね!って評判でした。

009   021

大根のウマ煮
 この時期の大根は、直球勝負がGOOD!
 だって、ホントおいしいんですもん。
  今日は手作り干しシイタケと一緒に3時間煮込みました。
 とろとろ、ウマウマ。
 味付けもほんの少しで濃厚に仕上がります。

白菜とヒジキのサラダ

 Noriちゃん作。
 周りのメニューを見ながら、バランスを考え
 ノンオイルで梅酢で仕上げてます。
 そういう順応性のある調理ができるのはさすが!
 M'sの求めるチカラを発揮しています。

 もちろん、白菜もおいしいので文句なくおいしい!

ぬか漬け

 今日も評判のグランマのぬか床でつけたニンジン&大根。
 おいしくて、ひそかにお持ち帰りしてくれた人も(笑)

013  020

クリスマスカラーのパエリア
 発芽玄米で豆やコーンをたっぷり入れて。
 シンプルな味だけど、洋風テイストを味わえます。

カブのリゾット
  Noriちゃん作
  蒸し煮したカブをホワイトソースに。

  いや、これすんごくおいしかった!!
  合わせただけなのに、リゾットな雰囲気満載。
  軽くてもたれないのもうれしい。

玄米も炊いて準備しました。

023

出遅れて出した1品。
里芋のさつま揚げ風。

中はネギとニンジン、胡麻。
シンプルだけど、おいしいんです。コレが。

それまでワイワイしていたコミュニティールームが
一瞬にして

し~~~~~~~ん!!

みんな真剣に向き合って食べてくれてます。

018  019

それでもにっこり、笑顔があって一番うれしい瞬間。

今日は私たちは完全に裏方に回り、
楽しい時間をいっぱい味わってもらいました。

さて、デザートも作りました。。。
とはいえ、あまりにたくさんなので
カワイイデザートより、
みんなの口に入れば。。。。

そんな感じで
こちらもシンプルに気取らないもので。

026 024_2 028

玄米粉のクッキー
洋ナシのタルト
ざくざくリンゴいっぱいケーキ

色気はないですがcoldsweats01
地味においしいカラダにやさしいものばかり。

見た目より、軽いので
別バラ平らげていただきました~~~scissors

嬉しそうに食べている姿はなによりのご褒美。

やっぱりこの笑顔のために頑張ってるんだな~って
改めて実感。

普段は、マジメな話もするけど、
それもみんなに、いつまでもこういう時間を
楽しんでほしいから。

健康であればこそ!!

来年も、助産院にかかわる皆さんのために
スタッフ一同頑張っていきたいと思います。

よろしくお願いします&
ありがとうございました。

Masa宅でのクリスマスブッフェもまだ入れます。
こちらは、また違った少しパーティーメニューを
考えていますのでお楽しみに!!



   



   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

12月のキッチン ちょっとパーティー

告知が遅れたにもかかわらず、
たくさんの人に参加していただきました!!

今日は、年末に向けて、
ちょっとおもてなしなお料理たちを作ってみました。

とはいえ、一つ一つ分けてみれば
普段のおかずに使えるものばかり。

004 005_2

今日は、としの先生もお子ちゃまと参加!
抱っこ~おんぶしながらですが、
みんな頑張ります。

こういうクラス、子供がいて不完全燃焼起こすかもしれない。
でも、いいんです。

出来るスタンスで関わることを知るって大事。

私があえて完全託児にしない理由はそこ。

一人でじっくりと参加したいのなら、どこかに預けて参加する。。。。
親子で参加するなら、それなりに楽しむ。。。。。

みなさん、自分なりにいろいろ考えて参加してくださってます。

いいんです、泣いても叫んでいても。
私たちスタッフは気にしませんよ~~~~!!

006 

今日は品数が多いので、キッチンもフル回転!!
大忙しです。

私は作り置き&仕込みが大嫌いなので(笑)
スタッフにはいつも迷惑かけてますが、

それでもこなす彼女たちは、あっぱれ!です。

007

今日は盛り付けも、勉強です。
こんな簡単なものでも、工夫次第でパーティー仕様です。

さて今日のメニューはこちら

009

・サツマイモのかぼちゃペースト和え ツリー仕立て
    トッピングにクコの実やかぼちゃの種をつかって

・豆腐のマリネソテー
    今日は前菜なので、柔らか味にするために純米みりん使用。

・バーニャカウダ
    おいしい白菜の真ん中や、ボイルした野菜、パンと食べると絶品!
    今日はジャコを使って、クリーム状に濃厚に仕上げてます。
    豆乳とは思えない、クリーミーな味に、

    としの先生から「まとめて作ったら分けて!」とのリクエストいただきました。

・スイートスップリ

    サツマイモ、たくさん蒸し煮したので、玄米トマトリゾットの中に
    仕込んで揚げました。

・キャベツのクロスティーニ

    3時間くらい火を入れたいのだけど、今日は1時間30分。
    それでも十分な味を堪能できるペーストです。

・お麩ストロガノフ

    カブとたまねぎ、まいたけで作るデミグラスソース風の中に
    お麩を入れて。

    カブの甘みととろみがクリーミーで、子供も安心して
    食べられる1品です。

合わせるとこんな感じです。

010

今日はいつもより、ちょっと時間がかかってしまって
子供たちはおなかペコペコ。
(とはいえ、最中においもやらかぼちゃやらつまみ食いしてたけど!)

いただきま~~す!

011

016_2 012

うまうま~~~!がっつく子供たち。
(1歳児、スプーンでストロガノフいってますhappy02



014 015

気がついたんだけど、T君もいつのまにかキッズプレートを
頼んでる!!

子供の成長は早いなあ~。

スタッフシスターズも、すっかりお姉ちゃん。
2人で「おいしい~~おいしい~~~」
連発して食べてくれます。

うれしいなああ。

こういう特別なメニューって、
ちょっとした気配りとか、ちょっといつもより手間をかけてで
とてもステキになります。

私の得意とするところ。

バーニャカウダだって、
イタリアンで食べると、ただの野菜で高いなあ~なんて
思うかもしれないけど、

あのソースにこれだけの手間がかかってるんだ、
と思うと、ありがたいソースですshine

さすがにスップリは、生米からのリゾットにはしませんでしたが、
丁寧に作ると、あの1個がいとおしい!!

みたいになりません??

さて、今日のメニューは大変!といっても
1時間30分ほどで作り上げたもの。

手順さえ間違わなければおもてなしのメニューとしては
さほど大変なものではありません。

ぜひぜひ、お友達を呼んで
ヘルシーなパーティー開いてみませんか??

パーティーを上手にこなすコツは、
メインは作りなれたものを出すこと!

これ、鉄則です。

クリスマス、忘年会、ぜひ頑張ってください。

あと大事なことは、
普通の方をお招きする場合は、
一味濃いめ、また

男性がいる場合は、
動物性のものを1品だけでも入れてあげると
他が野菜ばかりでも満足していただけます。

みなさんの、パーティー報告
お待ちしていますね~。



   





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

基礎クラス③ 陰陽をイメージしよう

30日の基礎クラスは、
陰陽ワーク。

これがまた、難しいけど楽しい時間。

みんな眉毛ひそめながら、
一生懸命考えて、考えて・・・・・。

陰陽って書くと、たった2つのカテゴリーのような
気がして、またそう考えると失敗するのです。

すべての現象に陰陽を当てはめていくと、
中には矛盾したようなところもあったりして、

それをひとつひとつ検証していかなくちゃ
ならないのね。

たとえばこの日に出た質問としては

寒い→陰  暑い→陽
湿っている→陰 乾燥している→陽

さて、今の時期のように寒くて乾燥しているときは
どうしたらいいの??

そんな質問。

たとえば食べ物だったらどう対処する?

単純に表面的な陰陽だけで考えると戸惑うよね?

そこは一つ一つ検証していきます。

寒いから、温かい火を入れた食べ物。
乾燥しているから、水分を多く含んだ食べ物。

簡単に想像すると、

白菜をたっぷり入れたお鍋とか。

そんなものがいいんじゃない?

味はお味噌味で。

とても寒かったら、牡蠣を1~2個食べれば完璧!

そんな感じで考えていきます。

話して、問いかけている間、
参加者は笑ったり、眉間にしわ寄せたり、
本当におもしろい。

たくさん脳みそ使って、考えているから、
子供もとても静かに待っている。

答えが合っているとか
間違っているとか

そんなんでなく、
考えて、検証していく過程が大事。

それで行ったら、
ショウガは陰陽意見が分かれる最大の野菜だったり
するでしょ?

だから自分で感じればいい。

体質によっても、感じ方は様々。

ノートや本の上だけの陰陽を
自分のカラダの声なしに進めると、

陽性過ぎて冷えているのに気がつかないという
ことにも陥ったりするのです。

陰陽は絶対ではなく、相対。

自分のカラダに合わせて、
楽しく学んでもらえたら!

そんなきっかけになってもらえたかと思います。

さて、今日のランチはこちら。

006 007

大豆ボール
いんげんの胡麻和え
わかめと大根の浅漬け風
田楽(柿味噌)
親芋と厚揚げののとろとろ煮
白菜とお麩の味噌汁

よもぎだんご

このクラスはたっぷり作って、おかわり自由!

授乳中のママに大好評です。

みんなでいただきます!

004

お勉強して、おいしいカラダにやさしいご飯食べて、
ママ友作れて、の3拍子揃ったこの基礎クラス、

たくさんのママたちにご参加いただいてます。

今月はお休みですが、また1月から、
基礎①(キッチン)から始まります。

どんな方でも参加OK!

皆様のご参加お待ちしていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »